フロントガラス修理

Front Window Repair

飛び石などによるフロントガラスのヒビ(最大5cm程度まで)・欠けを修復します。ヒビの中に特殊な樹脂を封入して固めることでヒビの進行を止めます。

修復後、ヒビや欠けは目立たなくなり、硬貨で隠れる程度までのサイズであれば車検に通る可能性も非常に高くなります。

初めにお読みください

ウィンドウリペアは雨水やウォッシャー液が大敵です。傷を発見された際には、まずビニールテープ等を貼って水分の浸入をシャットアウトしてからご連絡下さい。

【リペア実例】

※ウィンドウリペアは、ヒビの悪化リスクを低減させることを目的とした処置であり、見た目を綺麗にすることが施工の目的ではありません。適切な処置を行うことによって多くの場合は結果的に見た目も大幅に改善されますが、樹脂で埋めた痕跡は僅かながら必ず残りますので予めご了承下さい。痕跡の残り具合は、割れの形・深さ・大きさによって異なります。

●フロントガラスの端に近い部分や過去の補修が取れてしまった場合など、他店・ディーラーで「ガラス交換です」と言われたものも3cm以内ならばリペア可能なケースが多いです。まずはご相談を!

【ガラスの縁に近いため「リペア不可」→当店にてリペア】

【2つのヒビが繋がっていて「リペア不可」→当店にてリペア】

【損傷が大きすぎて「リペア不可」→当店にてリペア】

注)5cm以上の長いヒビ割れにつきましては、ガラス交換のご検討をお勧めしております。リペアを行ってもヒビが進行してしまう可能性が高く、車検にも通らないためです。

■専門店に依頼?それともDIY?■

飛び石でできたフロントガラスのヒビは、温度変化や走行中の振動などによって広がってしまう恐れがあります。大きなヒビになってしまうとフロントガラス交換になり、費用は高額になります。

そこで、ヒビが伸びてしまう前に早めのウィンドウリペアを。カー用品店等で売られている「ウィンドウリペアキット」を使ってご自身で補修するという選択もあるかもしれませんが、やはりプロの施工とDIYでは補修のクォリティが全く異なります。また、衝撃点(石が当たった場所)が2か所隣接していてヒビが繋がっているケース等ではDIYは難しいと思われます。Deccでは、専用器具を用いてリペアを行います。

①専用ドリルで衝撃点やその周りを綺麗にならします。この作業を丁寧に行うことで、仕上がりの見た目はもちろん、樹脂とガラスの接着を強固にする効果もあります。

②専用樹脂が “入りやすいヒビ” と “入りにくいヒビ” を見分け、入りにくいヒビを入りやすい状態にしたり、状況によって樹脂の種類を選定します。

③専用器具を用いて、樹脂を確実にヒビの中へ入れていきます。樹脂は紫外線で固まるため、日光を遮りながらの作業となります。

 

「DIYしたけど失敗してキレイにならなかった・・・」

→結局プロに依頼することに。

一度樹脂を入れてしまったヒビは、基本的に再リペア不可能。

→小さなヒビだったのに、不完全なリペアで車検に通らずガラス交換…

「自分で補修したのにヒビが伸びてしまった・・・」

→経験が無いと、隅々まで樹脂を浸透させることは難しい。

→リペアが不完全だった部分からヒビがのびてしまう。

→ガラス交換で費用が高額になってしまった…

といったことにならないために、専門店に相談下さい。ほとんどのケースで車検も通りますので安心してお任せ下さい。

ページ上部へ戻る お電話はこちらをタップ