BLOG 施工報告など

難しいウィンドウリペア

こんにちは!

本日は、難易度が高くて大変だったウィンドウリペアをご紹介。

■難しかったリペア①■

まずは写真をご覧下さい↓

一般的な”コンビネーションブレイク”というヒビに見えますが・・・

半年以上前にできたヒビで、下の赤と黄色の部分に異物が入ってしまっていて、樹脂が入らない~ (>_<)

しかも赤のところは、もしかしたらフロントガラス用撥水剤(ガ〇コ?)かも・・・ ( ;∀;)

異物が混入した部分は樹脂が浸透しない可能性があることを納得して頂いたうえでリペア開始!

‼‼‼

リペアの圧力に耐えきれず、赤のヒビが伸び始めた。。。(*_*)

ので、急遽ヒビの先端に穴をあけて伸長をストップさせて、、、

やはりなかなか樹脂が入らなかったので、ヒビの伸長を止めるために開けた穴からも樹脂を入れて・・・

悪戦苦闘で、普段の倍近い時間がかかってしまいましたが、なんとか完了~ \(^_^)/

苦戦の甲斐あってか、樹脂も入って一安心です (‘◇’)ゞ

■難しかったリペア②■

フロントガラスのリペアでは、リペアしにくい場所、リスクが高い場所、リペアできない場所もあります。

今回は、恐らく一般的には「お断り」となるケース。

それはどこかと言うと・・・

ここ!

ガラスの縁、黒くなっている部分です。

・通所のリペアキットでの作業ができない

・ガラスの縁はリペア中にもヒビが伸びやすい

という理由で、普通は”リペア不可”な場所です。

縁ギリギリなのがお分かりいただけるでしょうか

しかも、石が当たった衝撃点が2カ所ありますね ( ̄▽ ̄;)

さすがにこういったケースのリペアでは保証は付けられませんが、オーナー様の強い希望でリペア開始!

通常のリペアができないので大変でしたが、経験とテクニックと勘(笑)で、リペア完了です♪

after写真ではリペア跡が分かりやすいように撮っていますが、実際はほぼ分からない仕上がりになっています。

オーナー様にも「すごいね!」と喜んで頂くことができました !(^^)!

こうした難易度高めのリペアも

リスクを納得して頂いたうえで

できる限りチャレンジする精神ですので

ガラス交換前に是非ご相談を (^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ