BLOG 施工報告など

メルセデスベンツ Eクラス デントリペア

メルセデスベンツEクラスクーペのデントリペアを施工しました。

ボンネット前部(フロントグリルのすぐ上あたり)に飛び石が当たって凹んでしまったとのご依頼。

石が当たったので、塗装に傷がある凹みです。

表面に傷があるため裏から押し出すと塗装が欠けてしまうリスクがありますが、オーナー様にご説明して納得のうえリペア開始!

やったるで~! と気合を入れて挑んだものの…

ボンネット裏が補強だらけで隙間がない (-_-;)

曲面だから硬い (-_-;)

ボンネット先端部は鉄板が二重 (-_-;)

このボンネット、アルミじゃん (-_-;)

…と、何重ものハードルが行く手を阻む。

でも、いろいろお手伝いしてくれた優しいオーナー様の期待に応えたい!!

隙間が少なくて細いツールしか入らないものの、ツールを曲げたり工夫して仕上げましたー!

塗装の欠けだけ残して、凹みはしっかり直しました (‘◇’)ゞ

塗装が割れている部分はオーナー様がタッチアップするとのこと。かなり目立たなくなることでしょう ♪

続けて助手席ドアパンチの凹みもリペアしました。

ちょっと分かりにくいかもですが、縦の白い線がドアの後ろ側の縁。

意気揚々と始めたものの…

窓からも、内張りを外しても、ツールが届かない (-_-;)

…ということで、塗装剥がれのリスクを承知して頂いたうえで”プーリング”という表面から引っ張る方法でリペア。

裏からツールで押し出すのに比べるとどうしても精度が下がってしまいますが、オーナー様の心の凹みを治すつもりで精一杯リペアしました。

オーナー様からは「全然分からない!凄いですね~」とのお言葉を頂きました (^^)v

ちなみにafter写真の右下、白く見えているのは私の手汗です( ̄▽ ̄;) あしからず…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ