BLOG 施工報告など

アウディS4 助手席リペア

アウディS4の助手席ドア、いわゆる「小さいエクボ」のデントリペア。

拝見すると、ドアの下の方にドアパンチのような凹みが。

ドアの下側をリペアする際は、ほとんどの場合ドア内装を外して作業します。

助手席ドア内張を外してツールアクセスしてみると・・・

「凹みまであと5mm」というところでツールが進まなくなってしまいました。

ドア内部にあるサイドインパクトビーム、つまり”補強の骨”の真上。。。

しかもちょうど骨と鉄板をくっつけている接着剤の真上。。。

最近なぜかこのパターンが多いような… (-_-;)

でも、専用ツールを駆使してしっかりリペア♪

凹みはバッチリ戻しました \(^_^)/

塗装の擦り傷のみが残っている状態にして仕上がりです。

拡大すると、こんなふうに仕上がります↓↓

上のbefore‐after写真の通り、このままでもほとんど目立ちませんが、

気になる場合はコンパウンドなどで磨くと綺麗になるかもしれませんね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ