BLOG 施工報告など

アルミのボンネット

アルミニウム製ボンネットのデントリペアを行いました。

運動性能向上や燃費向上のために、フェンダーやボンネットがアルミでできているお車も少なくありません。

本日は、レクサスLSのボンネット。

端から端まで5cm程の凹み、けっこう深いです… (*_*)

ツールで押し出したり表面から整えたりしますが、アルミは鉄板とは違う動き方をするため、少しやりにくい、というか、慣れが必要です。

基本的にはボンネット裏からツールアクセスするので、ボンネットを上げて裏を見てみると…

ガーーーンっ ( ;∀;)

補強の骨だらけ… というか、ほぼ「二重板」って感じです。

でも、こういう時にも、少ない隙間や穴からリペアする工具があるのです!!(^-^)

ということで、早速リペア開始!

予定よりも(鉄の場合よりも)長い時間がかかってしまいましたが、しっかりリペアさせて頂きました (‘◇’)ゞ

このとおり。達成感♪

オーナー様も「どこだったか分かりませんねぇ…」とご納得頂けたご様子。

お役に立てて良かったです! (^O^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ