BLOG 施工報告など

レヴォーグ 給油口の下

スバル レヴォーグのリヤフェンダー部分に凹みができてしまったとのご依頼。

↑リアタイヤの上あたりからテールレンズに向かって写真を撮っています。

プラスチックのようなものが当たったようで塗装に傷はありませんでしたが、けっこう鋭い凹みが2カ所あります (+_+)

この場所(リヤクウォーターパネル)、裏から工具を入れることが難しい場所…

試行錯誤したものの、やはりツールアクセスができなかったため、表面から引っ張る“プーリング”という方法でリペアを行いました。

プーリングでの施工は、塗装の状態や凹みの状況によっては塗装表面が剥がれてしまうリスクがあるため、慎重な施工が必要です。

今回は塗装に傷が無くオリジナル塗装が非常に綺麗な状態で保たれていたので、塗装剥がれのリスクは低いと判断し、施工スタートです!

この通り、仕上がりました (‘◇’)ゞ

プーリングの特性上、 ツールで裏から押す方法と比べると精度が下がってしまう事もあるのですが、今回は非常に精度良くリペアできました \(^_^)/

困ったときのデントリペア、是非ご相談下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ