BLOG 施工報告など

ニュービートルのエクボ

フォルクスワーゲン ニュービートルの助手席ドア前寄りにエクボができてしまったとのこと。

白色でとても綺麗にされているお車でしたのでパッと見は目立たないのですが、専用ライトを当ててみるとこの通り (>_<)

ミラーの下あたり、裏にちょうど補強の骨があって裏からツールアクセスできない場所でした…( ;∀;)

そんな時は、表面から引っ張り出す“プーリング”という技法でリペアします。

プーリングは、お車の状態によっては塗装剥がれのリスクもある方法なので、事前にオーナー様へ説明差し上げ、ご納得のうえで施工致します。

とにかく丁寧に、温度管理と引き出す強さにに細心の注意を払って・・・

とっても喜んで頂くことができました (^^)v

凹みなんて、もちろんできない方が良いけれど、

「もしもまた困ったときには是非お願いしますね!」と仰って頂けて、愛車もオーナー様も私も、みんなHAPPYになった瞬間でした (^-^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ