BLOG 施工報告など

フォード エクスプローラー

運転席ドアの下の方に小さな凹みが2カ所、リペアできませんか?とご依頼を頂きました。

場所は上の写真のとおり。ピカピカの新車です。

凹み自体は小さいので、ご家族の皆さんからは「どこか分からない」と言われてしまったそうですが(笑)、大切なお車ですから一度見つけてしまうと気になって仕方ないというオーナー様のお気持ち、とっても分かります!

お役に立てればと、施工開始です (‘◇’)ゞ

どちらの凹みも、裏からツールで押すことができない位置だったため、表面から引き出す“プーリング”という手法でリペア。

ただし、プーリングは、お車によっては塗装が剥がれてしまうなどのリスクもある施工方法なので、オーナー様にしっかりお伝えしてから慎重に作業です。

まずは下の凹みから。

この通り、しっかり復元できました \(^_^)/

続いて上の凹みですが、鋭い線が入っている凹みだったので、完全な復元は難しいかも知れないとお伝えしたうえで施工しました。

やはり少し線が残ってしまいましたが、これ以上を追い求めることによる成果とリスクを考えて、ここまでとさせて頂きました。

オーナー様にはとても感謝して頂き、お近くにお住まいということもあって「困ったときにはまたお願いします!」と仰って頂きました !(^^)!

当店では、お見積りの際に仕上がり予想やリスクもきちんとお伝えしたうえで施工させて頂きますので、ご心配なことはご遠慮なくご相談下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ