BLOG 施工報告など

強烈ドアパンチ

本日のデントリペアご依頼は、マツダ CX-5 のオーナー様。

フロントドアにドアパンチによる凹みがあるとのこと。

助手席のドアに…

塗装の傷を伴う、深いドアパンチ (*_*)

しかも、ドアミラーよりも前方。実はこの場所、リペアしにくいんです…

特にCX-5のドア内部は他車よりも補強の骨が多く、ツールで押すことができないケースも少なくありません。

ダメ元で窓枠からツールアクセスしてみると、案の定、裏に骨が (-_-;)

それでも様々な工具を引っ張り出してきて試した結果、1本だけ凹みの裏に届くツールを発見!

この1本で勝負するしかない!(このパターン、最近多い気がする…)

けどこのツール、最も薄いツールなので骨と外板の隙間に入るのですが、その代わり扱いが非常に繊細で難しい工具でもあります。

慎重に、集中力を切らさないように、少しずつ凹みを浅くして…

リペア完了です~ (‘◇’)ゞ

凹みが戻ると、多少の塗装傷は目立たなくなりますね。

難易度高めのリペアでしたが無事終了、オーナー様にもご満足頂けて良かったです。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ