BLOG 施工報告など

太くて長いヒビ

本日のご依頼は、マツダ アテンザ のウィンドウリペア。

運転席の前方に飛び石が当たってしまったとのこと。

ヒビの場所

ウィンドウリペアでは通常、このように室内側からミラーを取り付けて、ミラーに映るヒビを見ながら作業します。

さて、ヒビの様子をルーペで観察してみると…

石が当たった“衝撃点”から、かなり太くて長いヒビが3本 (*_*;

全体で4cmくらいあり、リペアできるギリギリのサイズ。

非常に伸びてしまいやすい危険なヒビなので、樹脂を入れる圧力は弱くして、時間をかけて浸透させていく作戦にしました。

このヒビ、リペア前日にできてしまったのだそうですが、お電話頂いた時点で「どんどん伸びて大きくなっている」と仰っていました。

伸びやすいヒビはそれくらいあっと言う間に成長してしまうことがあるので、できるだけ早めにリペアした方が良いです。

しっかり樹脂が浸透しました (^^)/

樹脂が入ると、上の写真のようにうっすらとした痕跡になります。

強度が上がり、急に伸びてしまうといったリスクは大幅に軽減。ヒビができてすぐに施工できたことも綺麗に仕上がったポイントです。

これで車検もOK、安心してお乗り頂けますね (^^)v

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ