BLOG 施工報告など

ドアノブ下の凹み

本日のデントリペアご依頼は、日産 セレナ のオーナー様。

ドアノブ下に凹みができてしまったと、お困りのご様子。

助手席ドアを開ける度に目につく場所ですね… (-_-;)

かなり鋭い凹みで、中心部には塗装に筋状の傷がありました。

ドアノブの周りは裏側に部品が付いているため、裏から工具が届くか心配でしたが、無事にアクセスできました♪

ツールさえ届いてしまえばこっちのもの!

凹みはしっかり復元できて、どこが凹んでいたか分からなくなりました (‘◇’)ゞ

ぶつかった時に塗装に傷が付いていたため、近くで目を凝らして見ると、塗装傷が残っています。

が、そもそも車の塗装にはわずかな凹凸があるので、ほとんど分からないレベル (^-^)

このように、わずかな塗装傷であれば凹みが直ると目立たなくなるケースが多いです。

こうしたリペアは1~数時間で施工できますので、気になる凹みはデントリペアで直しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ