BLOG 施工報告など

補強の真上の凹み…

本日のご依頼は、フォルクスワーゲン GOLF のオーナー様。

後部座席ドアの上の方、ドアパンチと思われる凹みがあるとのご依頼。

後部座席ドアハンドルの斜め上あたりに、エクボ状の凹み ( ;∀;)

中心部にあるわずかなスレ傷はそのまま残ることをオーナー様に確認、いざリペアスタート!!

ドア上方の凹みは通常窓枠から工具を入れて裏から押し出しますが…

工具が凹みの裏にあたらない…

これは、もしや…

ドア裏にある補強の鉄板と重なっていると思われます (>_<)

こういう場合は、内装を外してリペアを行います。

内張りを外したドア

どうやら凹みはこの奥。

さらに探っていくと…

なんと! 補強と外板が接着されている接着剤の真上でした (+_+)

接着剤の中に、一番薄いツールを差し込みながらリペア…

ツールの自由度に制限があるためリペアしにくく時間がかかりますが、焦らず慎重に。

オーナー様、「あれ?どこでしたっけ?」 \(^_^)/

表面のスレ傷はわずかに残っていますが、コンパウンド等で磨けば消えるレベルかなと思います。

内装を外してのリペアだったうえに接着剤の場所だったので2時間近くかかってしまいましたが、無事に元通り復元できました (‘◇’)ゞ

「また困ったら相談しますね!」と仰って頂けて、やりがい感じます~ (^.^)

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ