BLOG 施工報告など

ボンネットに大きな凹み

本日は、トヨタ エスクァイア のデントリペア。

ボンネットに2カ所の凹みがあるとのことで、早速拝見。

1つ目は、ボンネットの先端付近に大きな凹み (+_+)

幸い塗装にダメージは無いのですが、ボンネットの先端は裏に補強が張り巡らされており、ツールが届くか…

裏に小さな穴を発見!無事工具が届きました (^-^;

  

続いて2カ所目。

ワイパーに近い位置、かなり鋭く深い凹み (>_<)

中心部は塗装剥がれもあります。

こうした鋭い凹み(シャープデントと言います)は中心部の変形が強いため、完全には戻りません。中心の“芯”が小さなくぼみとして残ります。

それでも大きく凹んでいる周辺がフラットになるので、かなり目立たなくなります。

こちらも補強の骨の中でしたが、狭い隙間からなんとかアクセス。

残っている黒い点が、中心の芯です。

どうしても残ってしまう凹みは、このように“いかに綺麗に残すか”が腕の見せ所です。

ディーラーさんからは「ボンネット交換ですね」と伝えられていたそうで、オーナー様にはたいへん喜んで頂くことができました (^^)v

シャープデントの芯は塗装が剥げていることも多いので、サビ止めを兼ねてタッチペン等で埋めるとさらに目立たなくなりそうですね!

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ