BLOG 施工報告など

ドア下部シャープデント

本日のデントリペアご依頼は、スズキ ジムニーシエラ のオーナー様。

助手席ドアの下の方に鋭い凹みです。

脚立を倒してしまったとのことで、全体としては大きくない(2cm程度)ものの、芯のある鋭い凹み (*_*)

近付いて見たのが次の写真です。

鋭い凹み(シャープデントと言います)は、リペアをしても僅に芯が残るケースが多いです。この点をオーナー様にもご理解頂きリペアスタート!

ドアの下の方のリペアは、ドアの内張りを外してツールアクセス。

凹みの位置的に少しやりにくい場所だったので少し時間がかかってしまいましたが、予想通り僅かな芯だけ残して周りは平らに戻りました (‘◇’)ゞ

残っているとはいっても“塗装のくぼみ”程度、少し離れてしまえば分からないレベルに仕上がっていますのでご安心を。

オーナー様、仕上がりにご満足頂けたご様子 (^-^)

新車で、2cm程度の凹み。板金修理で再塗装は少し抵抗がありますよね…

デントリペアなら、オリジナル塗装のまま修復します。

「どうしよう…」

と思ったら、まず一度ご相談下さい♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ