BLOG 施工報告など

M3 ウィンドウリペア

本日のウィンドウリペアご依頼は、BMW M3 のオーナー様。

早速拝見。

半月状の面割れ「パーシャルブレイク」から1本の線ヒビが伸びています。

飛び石被害では、比較的多いタイプの割れ方です。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」を滑らかに整えてから、ヒビの状態や位置、ガラスの種類によって樹脂を選定してリペアを行います。

ルーペで拡大しています

しっかり樹脂が浸透し、僅かな衝撃点と面割れの痕跡を残すのみとなりました (^^)

強度が上がるとともに見た目が大幅に改善し、車検もOK、安心して乗り続けることができます。

フロントガラスの飛び石ヒビは放置すると一気に長く伸びてしまう恐れがあります。

また、ヒビができてから時間が経ってしまうと内部に油分や汚れが入ってしまいキレイにリペアできなくなることもあります。

ということで、飛び石ヒビを発見したら、なるべくお早目のリペアがお勧めです。「あっ!」っと思ったら、すぐにご相談下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ