BLOG 施工報告など

Gクラス ボンネット

本日のデントリペアご依頼は、メルセデスベンツ Gクラス のオーナー様。

ボンネットに緩く大きな凹みがあるとのご相談。

ボンネットの付け根の方、プレスライン横に手で押し込んだような凹み (>_<)

実はGクラスのボンネット、裏側の構造的に、非常にリペアしにくいんです。。。(-_-;)

裏側にある「インシュレーター」という防音材が、ボンネット本体に接着剤で糊付けされているので(通常はピンで止まってるのでガバッと外せます)、それをできるだけ丁寧に剥がすことから始めます。

そして、ボンネット裏に補強の骨がほとんど存在せず、ツールで押し出すための「支点」になる場所が無いんです… ( ;∀;)

しかも、補強が無いため1か所を裏から押そうとするとボンネット全体が歪むので、非常に力を入れにくい…

…と、泣き言を言っていても仕方が無いので、工夫しながらコツコツやるしかありません (^^;)

3時間以上かかりましたが・・・

なんとか仕上げることができました (^^)/

いやはや、Gクラスのボンネットは何度やってもタイヘンです…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ