BLOG 施工報告など

ボンネット鋭い凹み

本日のデントリペアご依頼は、マツダ CX-8 のオーナー様。

ボンネットに凹みがあるとのことでご来店です。

助手席の前あたりに、非常に鋭い凹みが隣接して2本あります (>_<)

近寄ってみると、こうです↓

こうした鋭く深い凹みは、凹みを戻したリペア後も痕跡が残ってしまうことが多いです。

塗装や鉄板がえぐられたような凹みなので、恐らくスジが残りますとオーナー様にお伝えし、了承のうえでリペア致しました。

凹みは戻しましたが、やはり手前側の凹みは僅かにスジが残ってしまいました。

これ以上裏から押しても変化しないので、ここでリペア終了となります。

  

「板金塗装」や「ボンネットごと交換」という選択肢もありますが、こうした痕跡が受け入れられる場合には「デントリペアでできるだけやってみる」という選択もアリかと思います。

「直る・直らない」

「残る・残らない」

という判断は、施工技術者でないと判断できませんので、お気軽にお問い合わせ下さい (^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ