BLOG 施工報告など

ちょっと厄介なヒビ…

本日のウィンドウリペアご依頼は、ホンダ シャトル のオーナー様。

早速拝見すると…

フロントガラスの下側、エアコン吹き出し口(デフロスター)の真上。

ヒビは温度変化に弱いので、この位置は「危険地帯」なんです ( ;∀;)

典型的な「パーシャルブレイク」という面割れかと思いきや・・・

ルーペで拡大しています

パーシャルブレイクから、足のように線ヒビが2本伸びていました (*_*;

このような「あるヒビから枝分かれしているヒビ」は、樹脂が入りにくいケースが多いのでちょっと心配…

入りにくいからと言って樹脂を圧入する圧力を強くしすぎるとヒビが伸びてしまう危険もあり、慎重な施工が求められます。

ルーペで拡大しています

樹脂の選定や圧力を間違えなければ、このようにしっかり樹脂が入ってキレイに仕上がります (^^)/

ウィンドウリペアは、「それ以上ヒビが伸びないように強度を高める」ことを目的として樹脂を入れて固めます。

樹脂なので(ガラスを入れるわけではないので)多かれ少なかれ痕跡は残りますが、きちんと樹脂が入ると見た目も大幅に改善することが多いです。

見た目が目立たなければ車検も通りますので、ガラス交換せずにこのままお乗り頂けます。

ウィンドウリペア、DIYで失敗してしまうと再施工不可能となりますので、まずは専門店へご相談下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ