BLOG 施工報告など

閉じてしまったヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、スバル WRX S4 のオーナー様。

大きなヒビではありませんが、何かイヤな予感が…

拡大して詳しく見てみます。

ルーペで拡大しています

左半分は「パーシャル・ブレイク」という三日月形の面割れ。右斜め上と下には線ヒビがあります。

この線ヒビ、違和感アリアリです (*_*;

ルーペで拡大しています

赤で囲った部分、黒い線が途切れていますね。

黒い線は、内部で空間ができているところ。途切れているということは、ヒビが閉じてしまっているということ…

閉じてしまっていると、それより先に樹脂が入っていきません。

ヒビを開いたり、樹脂が入る道筋を作ったり、注入圧力を高めたりするのですが、どの作業もヒビが伸びてしまうリスクを伴うため、こういうヒビはかなり苦戦します ( ;∀;)

時間をかけて慎重に・・・

ルーペで拡大しています

どうなることかと緊張しましたが、なんとか無事に樹脂が入ってリペア完了です ε-(´∀`*)

これで安心して乗り続けることができますね ♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ