BLOG 施工報告など

リアフェンダーのプーリング

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ エスティマ のオーナー様。

左のリアフェンダーに凹みがあるとのこと。

フェンダーのプレスラインが潰れ、縦に5cm程凹んでいます (*_*;

この場所、裏から押すことができません・・・ (-.-)

ということで、表面から引っ張り出す「プーリング」という方法でのリペアとなります。

プーリング施工は塗装剥がれのリスクがあることと、“精密さ”では裏から押すリペアに劣ります。

今回はプレスラインが潰れているのですが、プーリングで「プレスラインの復元」はできないので、痕跡が残るという点もあわせてオーナー様にお伝えしました。

「板金塗装は避けたい。少しでも目立たなくなるのであればやって下さい!」

ということで、施工開始です!

塗装の状態を見ながら、コツコツ1時間半…

やはりプレスラインに僅かな痕跡が残ってしまいましたが、かなり目立たない状態まで仕上げることができました (^^)/

裏から押せる凹みであれば完璧に復元できるのですが、プーリングゆえのもどかしさです… (^^;)

でも、

「あれ?どこだっけ??これなら知らないと分からないね~」

とオーナー様。

ご満足頂けたご様子で良かったです (^.^)

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ