BLOG 施工報告など

リアクウォーター線状凹み

本日のデントリペアご依頼は、ポルシェ マカン のオーナー様。

右リアクウォーターに凹みがあるとのご相談。早速拝見です。

テールレンズの上あたりに凹みがありますね…。

もう少し近付いて見てみます。

凹みの大きさは4.0cm。線状の凹みであることがお分かり頂けると思います。そして、凹みの右端が深く押し込まれています (*_*;

この位置、「リアクウォーターパネル」と言いますが、リペア工具が入らないためにデントリペアができないこともあるパネルです。

車種によってはテールレンズを外して配線の穴からツールアクセスできることもありますが、マカンはそれができず… (-_-;)

となると、ラゲッジの内張りを外してラゲッジ内から工具を差し込んでみます・・・・・・

・・・届いたっ!(^^)/

体勢はちょっとキツいですが、なんとか裏から押すことができる位置でした。

姿勢がキビシイので時間がかかってしまいましたが、3時間程で施工終了です!

いや~、なかなかタイヘンでした (^^;)

この凹みを板金塗装で直そうと思うとかなり大掛かりな修理になるので、デントリペアで対応できる凹みで良かったです。もちろん、再塗装などは行っていません。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ