BLOG 施工報告など

塗装傷を伴うドアパンチ跡

本日のデントリペアご依頼は、スバル フォレスター のオーナー様。

運転席ドアに、ドアパンチされたような凹みがあるとのご相談。

運転席のドアノブ下方に、小さいながらもクッキリと芯のある鋭い凹み (>_<)

大きさ1.9cm、中心に僅かな塗装傷を伴っていることと凹みの位置からして、ほぼ間違いなくドアパンチ被害と思われます ( ;∀;)

ツールアクセスは問題なく窓枠からリペアできる位置なので、30~40分お待ち頂いている間に仕上がります。

今回のように塗装傷が僅かであるケースの場合、凹み(パネルの歪み)が無くなると景色の映り込みが歪まなくなるので、塗装傷も目立たなく(そこに目がいかなく)なります。

オーナー様も、

「どこでしたっけ?? ・・・あ、小さなゴミや汚れが付いているくらいで、ぜんぜん目立たなくなりましたね!」

お役に立てて良かったです (^^)v

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ