BLOG 施工報告など

2打点飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、トヨタ カムリ のオーナー様。

飛び石に遭い、ヒビができてしまってすぐにご連絡頂きました。

フロントガラス中央付近、パッと見ただけでも重症なのが分かります… (*_*;

ルーペで詳しく観察してみます。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」が2カ所、それぞれから線ヒビが発生しています。

全体として500円玉でも隠せないくらいの長さがあり、リペアできるか判断に迷うサイズ。重症と言えます (>_<)

それでも、衝撃点の様子やヒビの形態、長さなどから「リペアできる」と判断。リスクの説明も行ったうえで施工スタート!

2打点のヒビはリペアの手順が多くなるので通常よりも長めにお時間を頂き施工します。

ルーペで拡大しています

およそ1時間半の施工で、しっかりリペアできました (^^)/

施工前、黒く見えている部分がガラス内部に発生している“隙間”です。その隙間全てに樹脂を入れて固めるので、施工後は黒い部分が無くなり、透明なスジだけ残るイメージ。

線状のヒビや2打点のリペアは断られてしまうことが多いようですが、そうしたヒビでも当店では3cm以内くらいであればほとんどのケースでリペアできます。

「え!直せないの!困ったなぁ…」

という状況になってしまったら、リペア専門の当店へご相談下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ