BLOG 施工報告など

バックドア 鋭い凹み

本日のデントリペアご依頼は、ホンダ N-BOX のオーナー様。

バックドアにドアパンチ被害を受け、凹みができてしまったとのご相談。

バックドア向かって左下に、鋭い芯のある凹み (>_<)

よく見ると、中心には塗装傷も見えます。

また、ちょうどプレスライン(パネルの折り目)が凹んでしまっている影響で、凹みの上が少し盛り上がってしまっています。プレスラインが凹むと鉄板が上下に逃げるためこのように周りが膨らんでしまうケースが多く、膨らみも修正しないとキレイに仕上がりません。

こうした鋭い凹み(シャープデント)のリペアは、中心の「芯」や「塗装の欠け」だけは僅かに残ってしまいます。

オーナー様にご説明差し上げたうえで、施工スタートです!

工具アクセスは問題ない位置でしたので、比較的スムーズに施工できました (^^)

施工後、やはりごく僅かに凹みの芯が“点”として残りましたが、どうしても消せない痕跡をできる限り違和感なく仕上げることも技術の1つ。

キレイに仕上がったと思います (‘◇’)ゞ

新車同然のお車、板金塗装は避けたいところですので、デントリペアは最適な方法だったと思います。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ