BLOG 施工報告など

ワイパー倒れてヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、ホンダ フリード のオーナー様。

ワイパーブレード交換時に、ワイパーアームを倒してしまいフロントガラスにヒビが入ってしまったとのご相談。

ワイパーブレードを外し、アームだけの状態でフロントガラスに倒れてしまうと、このように大きなヒビができてしまいます ( ;∀;)

こうした事例、少なくないので、ワイパーブレード交換時には皆さんどうぞお気を付け下さい!

さて、この位置にこの大きさのヒビ・・・

「黒枠の部分」=「リペア不可能」

ということで断られてしまうパターン 。

しかもかなりのサイズ (-_-;)

そこは当店、リペア専門店ですから、こうした状況でもできる限り施工させて頂きます (‘◇’)ゞ

リペアする際のリスクのご説明など、事前にオーナー様とよく話したうえで施工致します。

リペア後、どうなったかというと・・・

ルーペで拡大しています

ワイパーアームが当たった場所に小さな痕跡(穴を埋めた樹脂)が残り、ヒビはほとんど見えなくなりました。

ヒビに樹脂がしっかり入ると強度が上がってこのままお乗り頂けるのはもちろん、このようにかなり目立たなくなります (^^)/

(全く痕跡が残らないわけではありません)

リペアできなければ「ガラス交換」しか選択肢がありませんが、このようにリペアできれば車検もOK、交換せずに安心してお乗り頂けます。

フロントガラスのヒビは飛び石によるものが多いですが、放置すると一気に伸びてしまいリペアできなくなるケースも珍しくありません。発見したらなるべくお早めにご相談下さい (^-^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ