BLOG 施工報告など

軽度なドアパンチ跡だけど…

本日のデントリペアご依頼は、アウディ A4 のオーナー様。

後部座席ドアに、ドアパンチ跡があるとのご相談。

ドアハンドルの前方に、縦向き2.0cmの凹み。

明らかにドアパンチ被害と思われます… ( ;∀;)

ドアパンチ跡は、凹みに鋭い「芯」があったり、塗装傷がついてしまっていたりすることも多いので、どういう凹みなのかまずは良く観察します。

幸い、さほど鋭い芯もなく、塗装も大丈夫です。

こうした凹みを戻す施工、デントリペアの得意分野ですのでお任せ下さい (‘◇’)ゞ

と言って施工を開始したものの、凹みの上半分は裏側に補強の鉄板があって押し出せない… (-_-;)

ということで、

●下半分はデントリペアツールで裏から精密に押し出す

●ツールで押せない上半分は、表面から引き出す「プーリング」

という2種類の方法を組み合わせて施工しました。

1時間程の施工でどうなったかというと・・・

ハイ、この通り。ドアパンチされる前の状態に戻りました~ (^^)/

お車の価値を下げることなく、すっかり復元。これがデントリペアの真骨頂 (^^)v

これくらいの小さな凹み、「板金して再塗装」はちょっと…

そう思ったら、デントリペアにお任せ下さい!

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ