BLOG 施工報告など

助手席ドア下部に深い凹み

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ ヴェルファイア のオーナー様。

助手席ドアの下の方に凹みがあるとのこと。

ドアノブのずっと下、プレスラインのすぐ上あたりに、かなり強烈な凹み ( ;∀;)

かなり強く押された感じで、約4cmの深い凹み。塗装傷も伴っています。

今回のようにドアの下部をリペアする際には、ドア内張りを外してツールを入れ、凹みの裏から押し出します。

でも、ドアの内部って、スピーカーとか窓ガラスのレールとか補強の骨とかいろんなものが入っているので、一筋縄ではいかないケースがほとんど。

ドアを内側から撮影しています

今回は、補強の骨の下でした。しかも奥の方で届きにくい (-_-;)

体勢的にはかなりキビシイものがありましたが、3時間ほどの施工でリペア完了となりました (‘◇’)ゞ

黒いボディにこの凹み、かなり目立ってしまっていましたが、このように戻すことができました。

凹みをしっかり復元したので、塗装傷も「ここ」と指されない限り分からないレベルで目立たなくなりました (^^)/

「板金塗装すると、再塗装の色ズレが心配で…」

と仰っていたオーナー様。

デントリペアなら安心ですね!

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ