BLOG 施工報告など

激しい2打点ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、jeep レネゲード のオーナー様。

石が当たった「衝撃点」が隣接して2カ所あるとのご相談。

うわっ (*_*;

パッと見で、かなり複雑な割れ方…

さらに詳しく見てみます。

ルーペで拡大しています

衝撃点は2カ所、それぞれからヒビ割れが発生し、内部で繋がっています。

端から端まで全体で4cmを超える大きなヒビ。

ウィンドウリペアでは目安として「500円玉で収まるくらいの大きさまで」とよく言われますが、500円玉の直径は26.5mm。今回のサイズは余裕でオーバーしています (*_*)

他店では「リペアできません」と言われてしまうであろうヒビですが、当店はリペア専門店ですので、こうした難しい施工もできる限り対応させて頂きます (‘◇’)ゞ

かなり厄介だったので2時間近くかかりましたが(汗)、きちんとリペアすることができました!

ルーペで拡大しています

このように、衝撃点は水滴のような痕跡になります。

ヒビにはしっかり樹脂を浸透させて固めたので、強度は格段に向上しています。

伸びてしまう前にご来店頂けて良かった… ε-(´∀`*)

5cmを超えるような長いヒビ(ロングクラック)はリペアするよりもガラス交換をお勧めしますが、そこまで大きくなければガラスの縁に近くても、2打点でも、きちんとリペアできます。

様々なリペア店・ガラス屋さん・自動車用品店があるなか、施工前からお店の「技術力」を知ることは難しいですが、リペアをしたいというご希望であれば “リペア専門店” にご依頼頂く方が対応できる範囲が広いです。

飛び石被害に遭ってしまったら、できるだけお早めにご相談下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ