BLOG 施工報告など

衝撃点が大きく欠けたヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、日産 リーフ のオーナー様。

フロントガラスの真ん中あたりに飛び石被害とのご相談。

丸い面状の「ブルズアイ・ブレイク」という面割れ+放射状に線ヒビ

と思ったのですが、良く見てみると…

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」の周り、ガラスが大きく欠けてしまっています。石が当たった勢いで、周りのガラスが飛んでしまったものと思われます (*_*)

通常、衝撃点の大きさ(ガラスが表面が欠けている大きさ)は、お米1粒くらいであることが多いのですが、今回はシャチハタの印鑑くらいの大きさ。かなりのビッグサイズです。

器具がセットできるかどうか&きちんと埋まるだろうか… ( ;∀;)

衝撃点が大きいので作業範囲が広いため通常よりも少し時間がかかりましたが、いろいろと技術を駆使して、どうにか埋め戻すことに成功しました ε-(´∀`*)

ルーペで拡大しています

衝撃点は樹脂が表面に露出するためどうしても痕跡が残りますが、衝撃点が大きかった分だけ痕跡も大きくなりました…

でも、線ヒビ・面割れ・衝撃点、全てにきちんと樹脂を浸透させて固めてありますので、安心してお乗り頂けます (^^)/

無事にリペアできたのでガラス交換にならずに済みました。良かった~!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ