BLOG 施工報告など

フロントフェンダーのプレスラインに深い凹み

本日のデントリペアご依頼は、フォルクスワーゲン ビートル のオーナー様。

フロントフェンダーに凹みがあるとのご相談でした。

ビートルの特徴でもある大きなフロントフェンダー。プレスラインが潰れてしまっています ( ;∀;)

プレスラインが凹むと、鉄板が押し込まれる影響でその上側は丘のように盛り上がり、下はプレスラインに引っ張られて凹む、という状態になります。

今回も、まさにそういう状況。

しかもプレスラインがかなり鋭く凹んでいるので、かなり難しいリペアになりそう… (^^;)

施工を進めると、プレスラインにある凹みの「芯」が予想よりもかなり深くてなかなか戻らず…悪戦苦闘 (-_-;)

予想よりも時間がかかりお待たせしてしまいましたが、できる限り痕跡が目立たないように仕上がりました!

プレスライン上に僅かな痕跡が残りましたが、鋭い凹みではどうしても「芯」が残てしまうものなので、そうした状況で最善を尽くしました。

凹みや膨らみは完全に解消できているので、違和感の無い状態にリペアできています。

特徴的なフェンダーの形が復活して、再びオシャレなビートルに戻りましたね (^^)/

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ