BLOG 施工報告など

ストレート・ブレイク&チッピング

本日のウィンドウリペアご依頼は、マセラティ グラントゥーリズモ のオーナー様。

運転席の斜め前あたりに飛び石被害とのこと。

石が当たった「衝撃点」から、横向きに一直線のヒビが見えます (*_*)

その下にも石が当たったような白い点がありますね…

ルーペで拡大して見てみましょう。

ルーペで拡大しています

上の横向き一直線のヒビは「ストレート・ブレイク」というヒビ割れ。黒く見えるのは、内部に隙間ができているからです。

ストレート・ブレイクは、他のヒビ割れと比較して内部の隙間が狭いため、最も樹脂が浸透しにくい割れ方。しかも非常に伸びてしまいやすい割れ方なので、施工中にもちょっと油断すると伸びてしまうケースがある危険なヒビ。

いつにも増して慎重な作業が求められます・・・緊張 (-_-;)

下の衝撃点はヒビを伴っていない表面の欠け「チッピング」でした。こちらも一緒にリペアします。

ルーペで拡大しています

案の定、なかなか樹脂が入らず苦労しましたが、時間をかけて、ちょっとした“コツ”も使って、無事にリペア完了 (´▽`)

これで強度が格段に上がったので、ヒビの伸長リスクは大幅に低減できました。

ヒビが発生してから放置するとフロントガラスの端から端まで一気に伸びてしまうことがあったり、時間が経ってしまうと内部に油分や汚れが入り込んでしまってキレイにリペアできないケースも出てきます。

今回はヒビが発生してから時間を置かずにご依頼頂けたことで、樹脂が入りにくいヒビでしたがしっかりリペアすることができました。

「どうしたら飛び石被害を防げますか?」

とご質問頂くことが多いですが、石はいつどこから飛んでくるか分からないですし、先頭を走っていても対向車線から飛んできたり、スピードを出していなくても当たり所が悪いとヒビ割れになったり…

自衛できることとしては、できるだけ車間距離をあけること、トラックなどの後ろにピッタリ付かないように気を付ける、といった感じでしょうか。。。(^^;)

スタッドレスタイヤはサマータイヤよりも石を噛みやすいので、冬場は特にお気を付け下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ