BLOG 施工報告など

ボンネットに飛来物ヘコミ

本日のデントリペアご依頼は、アウディ Q5 のオーナー様。

カラスに何かを落とされてしまったとのことで、ボンネットの前の方に凹みが… (-_-;)

端から端まで2.3cmの凹み。

上空からの落下物だけあって、小さいながらもけっこう鋭く凹んでいます。

塗装の傷が最小限なのは不幸中の幸い。デントリペアで綺麗に復元できそうです!

…が、こちらのお車のボンネット、アルミ製です。

●アルミパネルの凹みは、裏から押した時の動きが通常の鉄板とは異なるため、ある程度の経験値と腕力が必要。

●さらにボンネット先端付近は裏が補強で覆われており、リペアツールを差し込む隙間がほとんど無い… (-.-)

ということで、凹みの大きさの割に結構な難作業となります。

 

ボンネット裏に、唯一ツールアクセスできる穴を見つけ、リペアスタート!

1時間程の施工で、凹みはすっかり消え去りました (^^)/

同じ場所を、見る向きを変えて撮ったのが次の写真。

中心にあった僅かな塗装傷も、凹みが無くなったことと明るいボディ色のため、ほぼ見えません。

一昔前は、

「アルミパネルは復元できない」

とか、

「プレスラインはデントリペアできない」

なんて言われていたこともあるようですが、そんなことはありません!!

今回も、もしデントリペアでない方法を検討した場合、ひょっとすると「ボンネット交換」となっていたかも知れません。。。

デントリペアで復元できれば時間も費用も大幅に節約でき、お車の価値を下げることもありません。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ