BLOG 施工報告など

フロントフェンダーに大きな凹み

本日のデントリペアご依頼は、フォルクスワーゲン GOLFトゥーラン のオーナー様。

右フロントフェンダーのプレスラインが大きく凹んでしまっているとのご相談。

フロントフェンダーのプレスライン、前後方向に長く潰れてしまっています (>_<)

写真でも見える通り、プレスラインのような凸部が押し込まれて凹むとその周辺が盛り上がってしまうのが特徴。まずはこの「盛り上がり」を修正しないと元に戻りません。

10cmを超える大きな凹みなので、盛り上がった部分を修正するのもタイヘン…

プレスラインを復活させるには、タイヤハウス内から専用ツールで精密に押し出していきます。

2時間半くらいの闘いの末・・・

元のラインを取り戻しました。

今回は幸いにも塗装傷がほとんど無かったため、凹んでいた箇所はもうほぼ分かりませんね (^^)/

デントリペアは小さな凹みを短時間で復元することに特化している技術なので、10cmを超える凹みとなるとデントリペアではかなり大きいサイズ。

それでも凹みによっては大きくてもこのようにリペアすることができます (^-^)

デントリペアで対応できる凹みなのかどうかは、施工技術者が実物を拝見しないと判断できませんので、板金塗装やパネル交換の前に、まずはお気軽にご相談下さい。

デントリペアは非常に繊細な技術です。施工可否や施工料金につきましては、お写真からではお答えできないことが多いので、一度ご予約の上ご来店頂ければと思います (‘◇’)ゞ

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ