BLOG 施工報告など

後部座席ドアのビッグデント

本日のデントリペアご依頼は、ホンダ フィット のオーナー様。

後部座席ドアに大きな凹みがあるとのご相談。

上下20cmくらい、大きく凹んでしまっています ( ;∀;)

凹みの最も深い部分にはタイヤの跡が付いていたという事なので、恐らく自転車に突っ込まれて凹んでしまったものと思われます…

これだけ大きな凹みになると、補強の骨などドア内部構造と干渉する部分があり、そう簡単に「押し出して終わり」とはいきません (-.-)

●窓枠からツールを差し込んで裏から押し出す

●表面から引き出す

●ドア内張りを外して内部から押し出す

など、あらゆる手段を総動員。

悪戦苦闘の末、4時間近くかかってリペア完了となりました ε-(´∀`*)

こうした大きな凹み「ビッグデント」は、デントリペアでの復元は向かないケースが多いので板金塗装による修理をお勧めすることもありますが、今回のようにデントリペアで復元できることもあります。

「できる」「できない」の判断は施工する技術者が実際に見てみないと判断できませんので、

「これはどうやって直すのが良いんだろう??」

と思ったら、お気軽にご相談下さい。最適な方法をご提案致します。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ