BLOG 施工報告など

ヒビが見えない飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、BMW アクティブハイブリッド3 のオーナー様。

飛び石被害で、助手席側にヒビが発生しているとのご相談。

石が当たった「衝撃点」から三日月形に割れる「パーシャル・ブレイク」というヒビに見えます。

拡大して詳しく見てみましょう。

ルーペで拡大しています

ただのパーシャルではありませんでした。。。

衝撃点を中心に、何本も線ヒビが発生しています。しかも、ヒビが非常に細かったり、一度できたヒビが閉じてしまったりしていて、ほとんど見えないヒビがあります (-_-;)

専門の人でないと見えないヒビの場所を示すと、次の通り↓

ルーペで拡大しています

こうしたヒビも残らず見つけ、全てに確実に樹脂を浸透させないと強度が高まりません。

時折「DIYでうまくいかなかった」というご相談を頂くのですが、こうしたことをご自身で見分けるのは困難なので、やはりDIYリペアは避けて頂いた方が賢明だと思います (-.-)

樹脂が入るように衝撃点を加工、狭いヒビを広げ、樹脂を適切な圧力で浸透させます。

ルーペで拡大しています

仕上がりがこちら。

全てのヒビに樹脂を浸透させて硬化。これで強度が高まったので、ヒビが伸びてしまうリスクは大幅に低減されました。

きちんと樹脂が入ると、見た目も大幅に改善します (^^)/

飛び石被害に遭ってしまったら、できるだけお早めに専門店へご相談下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ