BLOG 施工報告など

飛び石で花びら状の割れ

本日のウィンドウリペアご依頼は、三菱 アウトランダーPHEVのオーナー様。

飛び石により、フロントガラスの中央付近に放射状のヒビが発生しているとのご相談です。

ルーペで拡大しています

花びら状のヒビです (>_<)

ガラス内部に放射状の無数の線ヒビが発生、線ヒビと線ヒビの間が面状に割れて繋がると、このような「花びら状」に見えます。

他の割れ方と比較して内部に入れる樹脂の量が多いため、リペア後も割れの輪郭に沿って痕跡が目立ちやすいヒビです。

花びら状に割れている場合、石が当たった「衝撃点」が大きく深くえぐれているケースが多いです。衝撃点をきちんと処理してからリペアしないとリペア後も乱反射が起きてしまうので、丁寧に整えてからリペア。

1時間程の施工で、無事に完了致しました (‘◇’)ゞ

ルーペで拡大しています

全ての隙間に樹脂が充填されました。これで突然広がってしまうリスクが大幅に低減、ガラス交換せずにこのままお乗り頂けます (^^)/

実物を車内から見ると写真よりももう少し痕跡が見えるものの、見た目も大幅に改善。「いつ悪化してしまうか」と思わなくて良くなるので精神的にもラクになりますね。

雨水やウォッシャー液等がヒビ内部に入ってしまうと完全なリペアが難しくなるケースもございますので、発見したらできるだけお早めにご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ