BLOG 施工報告など

くっきりコンビネーション・ブレイク

本日のウィンドウリペアご依頼は、ホンダ N-BOX のオーナー様。

助手席の前あたりに飛石被害とのご相談です。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」を中心に、貝殻のように丸く見える部分は、ガラス内部に発生している「面割れ」。

面割れだけであれば広がるリスクは比較的低く、リペアも難しくありません。

しかし今回のように「線ヒビ」を併発していると、危険度が一気に上がります (*_*)

複数の割れ方が併発しているヒビを「コンビネーション・ブレイク」と言いますが、コンビネーション・ブレイクは専用の器具、ハイグレードの樹脂、きちんとした手順で施工を行わないとリペアが不完全になってしまいます。

こうした飛び石ヒビは、迷わず専門店へご依頼下さい。

ルーペで拡大しています

きちんと施工すれば、このようにキレイに樹脂が埋まり、内部の空間は無くなります。

リペア後、ヒビだった部分には僅かな痕跡が残りますが、強度が高まり車検もOKになります。

施工(60分程度)後は、そのまますぐに通常通りお乗り頂けます。

ヒビは広がってしまうとリペアできなくなるので、発見したらできるだけお早めにご連絡下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ