BLOG 施工報告など

フロントガラスの中央付近にパーシャル・ブレイク

本日のウィンドウリペアご依頼は、三菱 デリカD5 のオーナー様。

フロントガラスの中央付近に飛石被害とのご相談です。

「パーシャル・ブレイク」と呼ばれる面割れと、衝撃点から1本の線ヒビが併発しています。

飛び石被害では良く見られるパターンの1つ。

拡大して観察すると、次のように見えます。

ルーペで拡大しています

右に伸びた1本線の線ヒビは、リペア樹脂を注入する圧力や器材を取り付ける力を見誤ると、さらに右方向へ伸びて悪化してしまう危険があるので注意が必要です (>_<)

ルーペで拡大しています

無事、隅々までしっかり樹脂が入りました (^^)/

これで強度が高まり、悪化するリスクは大幅に低減。見た目もこの通り改善し、車検もOK。

ガラス交換しなくても、このままお乗り頂けます。

飛び石はいつどこから飛んでくるか分かりません。もしも被害に遭ってしまったら、悪化する前に専門店でリペアしましょう(‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ