BLOG 施工報告など

ドアの強烈デント

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ カムリ のオーナー様。

助手席ドア、強風であおられてガバッと開いてぶつけてしまったとのこと (>_<)

助手席のドアノブ少し前、プレスラインとその上が大きく凹んでしまっています (*_*;

しかも、かなり深い…

全体で縦に10cm弱。プレスラインの下側も歪んでいます。

このレベルの凹みになると塗装が剥がれてしまったり、押された力で鉄板が延びてしまっていたりすることが多く、通常は「板金塗装」または「ドア交換」になると思います。

今回は塗装の傷が僅かだったこととオーナー様のご希望により、デントリペアでの復元にチャレンジすることとなりました。

とはいえ、デントリペアでは最強クラスの凹みなので、一筋縄ではいきません (-.-)

はじめは窓枠からツールアクセスして押し出していたのですが、ドアが厚いためプレスラインをしっかり押すことができず・・・ ( ;∀;) 途中からは方針転換で内張りを外して裏から施工。

施工時間4時間半、私の筋力が限界を迎えそうになったところで、なんとか仕上げることができました~ ε-(´∀`*)ホッ

ずっと施工をご覧になっていたオーナー様、

「機械とか使うのかと思ったら、全部゛人力”なんですね!」

「かなり力作業だなぁ・・・」

と、施工工程に少し驚いたご様子。

そうなんです。デントリペアは全て手作業なので、こうした深い凹みは相当な体力と諦めないメンタルが重要なんです (^^;

長時間の大手術となりましたがプレスラインも復活、キレイになりました。

デントリペアなのでもちろんパテや再塗装は行わず、オリジナル塗装が維持されています !(^^)!

こういう施工はとてもタイヘンなので時間がかかりましたが(汗)、ドアパンチのような小さな凹みであれば1~2時間でキッチリ復元できるケースが多いです。

デントリペアで直せるかどうかは施工者でないと判断できませんので、お困りの際はお気軽にお問い合わせ下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ