BLOG 施工報告など

スライドドアレール上下の凹み

本日のデントリペアご依頼は、日産 クリッパーリオ のオーナー様。

スライドドアレールの上と下に凹みがあるとのご相談です。

ボディの一番後ろ、バックドアのすぐ前あたり。

上の凹みはプレスラインが深く潰れています (*_*;

この位置のリペアは内張りを外して裏からツールで押しますが、内張りを外してツールを入れる穴と凹みとの位置関係が悪く、とてもリペアしにくい凹みです ( ;∀;)

特にプレスラインを戻すためにはかなりの力で押さなければならないため、ツールアクセスが良くない場合は一気にリペア難易度が高まります。

押す力は使うツールによって変えますが、力が強すぎても、弱すぎてもうまく治りません。絶妙な力加減で慎重に押し上げ、表面から専用ポンチで整えて、少しずつ元の形を復元していきます。

上の凹みも下の凹みも無事にリペア完了です! (‘◇’)ゞ

凹みはしっかり復元できたので、残っているのは中心部にあった僅かな塗装傷のみ。と言っても、知らない人は分からないレベルの小さな塗装傷なので、目が行くことはありませんね (^^)/

こうした凹み、板金塗装で修理するとなると時間も費用も大掛かりになってしまいがち。

デントリペアなら即日施工。塗装お塗り直し等は行わずにリペアするので、長くても数時間で仕上がります。

いつできてしまったか分からないボディの小さな凹み、ドアパンチ被害などの気になる凹み、デントリペアで元通りに復元しましょう!

デントリペアは万能ではないので、対応できる凹みと施工できない凹みがあります。判断は施工者でないと難しいので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ