BLOG 施工報告など

複雑な3打点飛び石被害

本日のウィンドウリペアご依頼は、レクサス IS のオーナー様。

フロントガラスの下の方、デフロスターの真上あたりに飛石被害でご来店です。

んん??

なんだか複雑な割れ方をしているような… (-_-;)

拡大して詳しく見てみます。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」が3カ所 (*_*)

内部でヒビが繋がって、全体として曲がりくねった長いヒビが何本も発生しています。

これはかなり難易度の高いリペアになります…。

長いヒビになかなか樹脂が浸透せず苦戦しましたが、工夫を凝らしてなんとかリペアできました!

通常は60分程度の施工時間ですが、今回は倍くらいかかりました (^^;

ルーペで拡大しています

黒く見えていたガラス内部の隙間(ヒビ)にきちんと樹脂が入り、透明の痕跡に変わりました。

これで強度が高まり一安心。悪化してしまうリスクは大幅に低減されました (‘◇’)ゞ

今回のケースもそうですが、゛専門店”でないとリペアできない飛び石ヒビも多いです。被害に遭ってしまったら、できるだけお早めにリペア専門店へご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ