BLOG 施工報告など

大き目パーシャル・ブレイク

本日のウィンドウリペアご依頼は、トヨタ プリウス のオーナー様。

運転席の目の前あたりに飛石被害とのご相談です。

「パーシャル・ブレイク」と呼ばれる三日月形の内部面割れです。

飛び石被害の中では比較的多いパターンの割れ方ですが、サイズ的に大き目 (^^;)

発生してからかなり時間が経っているとのことでしたが、大きなヒビになるほど悪化しやすい(ヒビが伸びてしまう)ので、今まで悪化しなかったのは幸運と言えます。

ルーペで拡大しています

拡大してみると、石が当たった「衝撃点」が通常よりも大きいことが分かります。まずはこの衝撃点を整えてから樹脂を圧入、硬化させます。

こうした飛び石ヒビの場合、リペア時間は60分程度。椅子とテーブルがあるので、店内でもお待ち頂けます。

ルーペで拡大しています

正しくリペアを行いガラス内部の空間が全て埋まると、第一目的である「強度が高まる」のはもちろんですが、このように黒く見えていたものが消えるので見た目も大幅に改善 (^^)/

光の当たり具合によって多少の痕跡が見えますが、ヒビが拡がるリスクは大幅に低減され、車検も通るようになります。

時間が経っていたヒビなのできちんと埋まるか心配でしたが、無事にリペアできて良かったです (‘◇’)ゞ

飛び石被害のヒビ割れは放置すると悪化してしまうかもしれないので、発見次第できるだけお早めに専門店へご相談下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ