BLOG 施工報告など

伸びやすい飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、スバル レガシィ のオーナー様。

運転席前に一直線の飛び石ヒビとのご相談です。

飛び石被害で多い三日月形の面割れ「パーシャル・ブレイク」ですが、かなり真っすぐに近いヒビになっていて、「パーシャル・ブレイク」と「ストレート・ブレイク」の間という感じの割れ方です。

拡大して観察します。

ルーペで拡大しています

左右に伸びた黒く見えるヒビの先端、写真には写りませんでしたが、さらにもう少しヒビが続いています。

この先端形状の一本線ヒビ、とっても伸びやすくて危険度高いです (-_-;)

リペア施工中にも伸びてしまうくらい弱いヒビなので、樹脂選定や圧力調整など、慎重な施工が求められます…

しかも、すんなり樹脂が入っていかず、ちょっと苦戦 (-.-)

樹脂が入りにくくてちょっと焦りましたが(汗)、60分程の施工で無事にリペア完了しました!

ルーペで拡大しています

これで強度が高まり、ヒビが伸びてしまうリスクを最小限に抑えることができました。

樹脂が入ると黒い色が消えるので、見た目も大幅に向上しますね (^^)/

線ヒビ、複雑な割れ方、2打点のヒビ、ガラスの縁にできたヒビ・・・他店で「施工できない」と言われてしまう飛び石ヒビでも、当店で施工できるケースは多くあります。

困った時には、放置せずなるべくお早めにお問い合わせ下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ