BLOG 施工報告など

樹脂が入りにくいヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、三菱 ランサーエボリューション のオーナー様。

助手席の前に飛石被害とのことでご来店です。

十文字にヒビが入っているようです。

拡大して良く見てみましょう。

ルーペで拡大しています

遠目には十文字っぽかったのですが、良く見ると細い線ヒビが複数あり、思ったより複雑な割れ方 (*_*)

でも全体として2cmくらいのサイズなので、問題なくリペアできるだろうということで施工スタート!

・・・スタートしたのですが…

右下へ伸びる線ヒビの先端3mmくらいの場所だけ、どうしても樹脂が入らない… ( ;∀;)

それ以外の場所にはキッチリ樹脂が入るのに、なぜそこだけダメ??

とにかくあらゆる工夫で挑みます (^^;)

他のヒビを悪化させてはいけないので、むやみに注入圧力を高めるわけにもいかず…

通常このサイズの飛び石リペアは60分前後で終了しますが、今回はなんと180分近くかかり、樹脂も通常の3倍量を使うことに (-_-;)

でも、工夫の甲斐あって、最終的にはきちんとリペアできましたのでご安心下さい (‘◇’)ゞ

ルーペで拡大しています

あ~良かった~ ε-(´∀`*)

オーナー様よりも私がホッとしてしまった気がします。

これで強度が高まり、悪化の心配は大幅に減りました。

車検も大丈夫なのでこのまま安心してお乗り頂けます (^^)/

こんなに苦戦するとは・・・やはりリペアは奥深いなぁ。

こういうヒビ、ご自身でDIYは決してなさらないようご注意下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ