BLOG 施工報告など

ボンネット先端付近の凹み

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ ノア のオーナー様。

ボンネットの先端付近、フロントグリルの上あたりにエクボ状の凹みがあるとのご相談です。

1.5cm程の小さな凹み。

塗装傷は無いのでツールで押せればキレイに戻りそうな凹みなのですが…実はこの場所、リペアが難しいことが多い位置なんです (-_-;)

ボンネット先端付近の裏側は二重・三重の補強鉄板で覆われていて、ツールを入れられる「穴」や「隙間」がほとんど無い車種もあります。位置によっては「凹みの裏に全く触ることができない」というケースも (-.-)

恐る恐るボンネット裏側を確認すると・・・

なんと!!

凹みのちょうど真下付近に、ちょうどツール1本を入れることができるサイズのサービスホールを発見 !(^^)!

ツールが届けば大丈夫。30分程の施工で、しっかり戻すことができました (‘◇’)ゞ

こうした小さな凹み、デントリペアなら短時間で復元できます。

気になる凹みを見つけてしまったら、まずはデントリペアでの修復をご検討下さい。元の塗装を維持したまま凹みを直せるのはデントリペアだけ。塗装傷の無い数cmの凹みであれば、大掛かりな修理に出さなくても直せるかも知れません。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ