BLOG 施工報告など

助手席プレスラインにドアパンチ凹み

本日のデントリペアご依頼は、スバル XV のオーナー様。

助手席ドアにドアパンチ被害で、プレスラインが凹んでしまっているとのご相談です。

ドアのちょうど左右中央あたり、擦られた塗装傷とともにプレスラインが潰れてしまっています ( ;∀;)

凹み(修正範囲)のサイズは縦向き6.5cm。

塗装の擦れた跡は消えないとしても、凹みを戻して目立たなくすることはできそうです。

凹みの裏側に補強の骨などリペアの邪魔になるものは無くツールアクセス良好!

1時間半弱の施工で、凹みはすっかり元通りに復元できました (^^)/

どうしても気になってしまっていたというプレスラインが復活 !

施工の様子をずっとご覧になっていたオーナー様、もう少し痕跡や歪みが残るのではと想像されていたらしく、

「失礼ながら、実はここまでキレイになるとは思っていなかった!」

と、ご満足頂けたご様子 (^^)v

デントリペアなら、他の修復方法(板金塗装やドア交換)と比較して圧倒的に早く仕上がるのも嬉しいポイントですね。

「板金するほどでもないし・・・」

と悩んでいる小さな(10cm未満程度)凹みがあれば、デントリペアをご検討下さい。

デントリペアで直せる凹みなのか直せない凹みなのか、直接拝見して判断しお伝え致します。

予約制となっておりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい (‘◇’)ゞ

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ