BLOG 施工報告など

2打点のスターブレイク

本日のウィンドウリペアご依頼は、ホンダ アコードハイブリッド のオーナー様。

助手席の前あたりに飛び石ヒビとのご相談です。

石が当たった「衝撃点」を中心に放射状の線ヒビが伸びる「スター・ブレイク」と呼ばれるタイプ (>_<)

それにしても線ヒビの数が多いような・・・

状態を詳しく把握するために、ルーペで拡大して観察します。

ルーペで拡大しています

中心部に白く砕けた衝撃点が2カ所!

なるほど、2打点の被害なので1打点のスターブレイクよりも線ヒビの数が多かったんですね… (*_*;

しかも左右にも上下にもヒビがかなり長く伸びていて、危険度の高いヒビと言えます。

一般的に、リペア可能なサイズは

「500円硬貨(直径約2.6cm)で隠れる程度まで」

と言われていますが、今回のヒビはその倍近くあります (-.-)

なぜ大きいヒビは「リペアできない」と言われるのか? その主な理由は、

●ヒビが長くなるほど先端まで樹脂を浸透させることが難しくなる

●こうしたヒビはリペア中に悪化してしまう(伸びてしまう)リスクが高い

といった点が挙げられます。

当店では今回のようなサイズのヒビでも可能な限り施工しますが、かなり慎重な施工が求められるとともに時間もかかります (^^;)

通常60分程で終了しますが、今回は90分程かかりました。

ルーペで拡大しています

緊張する作業でしたが、悪化することなく無事にリペアできました (^^)/

これで強度が上がり、悪化するリスクは大幅に低減できていますので、「フロントガラス交換」せずにそのままお乗り頂けます。

見た目もだいぶ目立たなくなりましたので、この状態ならば車検に合格する可能性も高いです。

悪化してしまってからはリペアができなくなるので、被害に遭ってしまったらできるだけお早めにご連絡下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ