BLOG 施工報告など

フロントガラス中付近に典型的飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、アルファロメオ ジュリエッタ のオーナー様。

フロントガラスの中央付近に飛び石ヒビがあり、「このままでは車検に通らない」と言われたということでご来店頂きました。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」を中心に、ガラス内部に三日月状の面割れが発生する「パーシャル・ブレイク」という割れ方で、飛び石被害で典型的なヒビです。

(黒く見える部分が、ガラス内部に発生している空間です)

施工手順としては、まずは衝撃点を綺麗に整え、「樹脂を圧入←→内部の空気を抜く」という作業を繰り返してヒビの先端までリペア樹脂を行き渡らせます。

最後に樹脂をしっかり硬化させて表面を磨いたらリペア完了!

施工は60分程度で終わるケースが多いです。

ルーペで拡大しています

きちんと樹脂が入り、強度が高まるとともに見た目も大幅に改善されました。

リペア後も多少の痕跡は残りますが、

「こんなにキレイになるんだ!」

と、ご満足頂けたご様子 (^^)/

これで悪化のリスクが抑えられ、車検もOK、このまま安心してお乗り頂けます。

飛び石ヒビは、発生から時間が経ってしまったり、悪化して大きくなってしまうとリペアできない事があるので、発見したらできるだけお早めにご連絡下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ