BLOG 施工報告など

助手席ドア上部の大きな凹み

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ アルファード のオーナー様。

助手席ドアの上部プレスラインの下に原因不明の凹みがあるとのご相談です。

縦向きに10cmを超える大きな凹みが (>_<)

しかし「芯」があるような鋭い凹みではなく、手のひらで押し込んだような緩い変形です。

そして、凹みの部分が押されたことにより鉄板が寄ってしまって写真手前側が大きく盛り上がっていることがお分かり頂けると思います。

このあたりの位置、数センチの小さな凹みであればほとんどのケースで問題なくリペアできるのですが、今回のように大きな凹みになると格段に難しいリペアになってしまいます。その理由は・・・

プレスライン付近には裏側に補強の鉄板があって押しにくかったり、その補強と外板が所々で接着されているポイントがある影響で結構広い範囲に歪みが発生してしまっていたりと、なかなか厄介なんです (*_*;

施工スタートして少しずつ戻していきますが、やはり上記の理由によって全体的な歪みがなかなか解消できず…

裏から押すだけではなく、出っ張っている部分を表から精密にポンチングして(専用の道具で叩いて)整えたり、表面から引っ張ることで窪んでしまった鉄板に゛張り”を出したりと、様々な手法を組み合わせて根気強く施工します (^^;)

「手間取ってもさすがに2時間はかからないだろう」

と思っていたものの実際は2時間半かかり、オーナー様をお待たせしてしまいました m(__)m

このように仕上がりました (‘◇’)ゞ

凹みの影響が周囲に広がっていた影響により僅かに歪みを消し去れていない部分もありますが、ご依頼頂いた場所については凹みや出っ張りをきちんと戻せているので、できる限り違和感の少ない状態になっています。

初めは板金塗装による修理も検討されたようですが、「この凹みならデントリペアで直した方が良いのでは?」とのアドバイスを受けて当店にご連絡頂いたとのこと。

デントリペアでの修復を選択して頂いたことにより、塗装の塗り直しをせずお車を数日預ける必要もなくリペアが完了しました (^^)/

デントリペアで直せるかどうかは、凹みの大きさだけでなく凹み方や位置、塗装の状態等に影響されるため、施工する技術者が直接確認しないと判断できません。

「この凹み、小さいけど気になるから直したいなぁ…」

そんな時にはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ