BLOG 施工報告など

フロントフェンダーにドアパンチ

本日のデントリペアご依頼は、フォルクスワーゲン GOLF のオーナー様。

右側フロントフェンダーにドアパンチ被害とのご相談です。

フロントフェンダーの後ろの方、運転席ドアに近い位置に深い凹みができています ( ;∀;)

強く当たっているようで、かなり深く凹んでいます。中心部の塗装表面には僅かですが゛えぐれた”ような傷もできていました。

これくらい深いへこみになると鉄板自体が延びてしまっているケースが多く、キチッと仕上げることが物理的に難しいことも珍しくありません。

とはいえフロントフェンダーは比較的ツールアクセスの良いパネルですので、なんとか違和感なく仕上げられたらと思います (‘◇’)ゞ

こちらのお車、ドイツ車にありがちなのですがタイヤハウス内の「フェンダーライナー」が硬い…。ライナーをめくって手を入れるので結構痛い… (-.-)

凹みの裏には防音・防振のスポンジブロックが張り付けられていたため、部分的に剥がしながらの施工でした。

凹みを戻し、伸びてしまっていた鉄板を整えて周囲と馴染ませました (‘◇’)ゞ

中心にあった塗装表面の縦スジだけになったので、ほぼ違和感なく仕上がったと思います。

「もう、全然分からないね!」

と、オーナ様にもご満足頂けた模様で一安心 (^^)/

フロントフェンダーごと取り換え、とならずに済みましたね!

こうした数センチの凹み、ツールが届く位置であればこのようにキレイに復元できます。

(※車が動いて何かにぶつかった凹みは変形が強いため、基本的にデントリペアでは対応できません。)

リペアできる凹みかどうか、ご自身で判断は難しいと思うので、まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ